深夜に曲を聴きながら妄想するのが好きな僕は変ですか?

投稿日:

曲を聴きながら妄想する0僕は昔から、深夜に曲を聴きながら妄想をするのが好きだった。

ある時は、書かれたものを(小説やエッセイ、詩集、漫画なんかを)を読みながら。

ある時は、詩や絵を描きながら。

暗い部屋で、オレンジ色の薄ら明かりを頼りに本を読んでは、妄想の世界へと入ってゆく。

そんな時間が、ときおり僕には、どうやら必要らしい。

曲を聴きながら妄想するというのは、僕にとっては曲のなかにダイブする感覚である。

曲を聴きながら妄想する

深海に潜る魚のように、どんどん孤独な世界に入っていって、自分がとけてひろがってゆく心地がする。

それはまるで、小雨に打たれながら夜道を散歩するような「心地よい孤独感」と少し似ている。

曲を聴きながら妄想の世界へと探索してゆくあの時間は、僕にとってはストレスの発散にもなっている。

ジブリ映画の監督、宮崎駿は自身の映画について『日常からの解放』という言葉で語っていた。

妄想をすることで、こころが非日常へと解放されてゆく時間は、実は子供の頃から持っていた、ごくごく自然な遊びの時間だったんだろう。

日常であろうと非日常であろうと、それはなんら変わりなく、僕のふわふわした部分にとっては、いつも同等のリアルなのである。
 

作曲をする僕の友人は、いつも爆音で曲を聴きながら寝ている。

彼は自分の音楽について、好きで作っているというよりも「その時の自分に効く薬を自分で開発している感じ」だと言う。

無性に何かを作りたくなる、というのは、そういうことらしいのだ。

 
まあ、僕にとっての妄想も、そういうある種の餓えに対して、発作的に空白を埋めようとする行為なのかもしれない。

クジラはときおり酸素を求めて海面に浮上するけれども、僕はあまい時間をもとめて深海へと潜ってゆく。

『トーン』

 
ここはなにもかもが

トーンに満ちている

 
電車にゆられるアノコのこころにも

窓から見える曇り空にも

お気に入りの本のなかにある物語にも

 
しずかな夜

お気に入りの曲を聴いてみる

そこにとじこめられた

あまい味のする

秘密の世界のトーンを食べるように

 
ああ

僕の中に

飴色をした時間が流れ込んでくる

やがてこのからだが

セカイにとけてひろがってゆく

最後までごらんいただきまして、どうもありがとうございました☆

とほうもない時間をついやして、写真をつなげてありえない動きを見せるストップモーションアニメを作ってみたので、さいごに紹介させてください☆


もしもこの再生リストにある動画たちがお気に召しましたら、チャンネル登録して応援していただけますと、創作のつよいはげみになります☆

このチャンネルのYouTubeページはこちらです☆

Twitterで動画の更新情報を受け取りたい方はこちら▶PECOツイッターのぺーじ

おうえん、よろしくお願いいたします★

-坂田さん日記

Copyright© さかたん工房 , 2019 AllRights Reserved.