YouTubeで漫画を動画化したスライドショーを制作してみた

先日、昔描いた漫画を加工して、YouTube動画にできないものかとチャレンジしてみた。

坂田
それがコレである。

坂田
使用した動画編集ソフトはアドビのプレミアプロです。

完全なスライドショーにしたくはなかったので、ある程度の工夫は施したつもりであるが、やはり動画化を前提として漫画を描いていないので、制作には限界があった。

YouTube動画にすることを前提として漫画を描いていれば、もっと表現に幅が出てくることは間違いない。

漫画を動画化

次回作は、そのような工程で制作することで、YouTube動画としてのマンガ表現を探ってみたいと思う。

動画にすることでクオリティーが下がるようなものじゃなく、むしろ漫画と動画のもつ特性の良い部分を取り入れることができる作品を、早くこの目で見てみたい。

昔、江戸川乱歩の過去の短編作品が、独特の映像表現でテレビ化されていた。

満島ひかりが主演したことで、ちょっとした話題になったこのシリーズは、放送時間帯の割にはとてもエンターテイメントにあふれた作品で、それはそれは表現に対する意欲を湧き立てるものだった。

映像表現のことを文章で説明するのは難しいが、なんというか、実写でありながら、現実世界ではありえないファンタジーの見せ方が混ぜ込まれていて、とても刺激的であった。

坂田
たとえば、犯人がこれから殺人を犯すという場面で、犯人はその心中を口を動かし、声に出して視聴者に語り掛けるといった見せ方がありました。
漫画スクリーン

また、道行く一般人に対して、街頭調査をする場面があったが、その一般人というのが、まったくのオモチャだったりする。

こうやって文字にしてみると、なんだか味も素っ気もないようであるが、これがあの映像表現のなかでは成立してして、そこには独特の危うさが漂っていた。

漫画は、基本的には動画化することを前提として描かれていない。

そして、かつては大きなメディアに掲載されなければ、自分の描いた漫画を誰かに読んでもらうということは難しかった。

けれども今では、漫画ともアニメとも形容しきれない、新しい表現のあり方が登場してきているし、どんな素人でも、クリエイトしたものを世界にむけて配信し、読者と交流ができる環境が整っている。

坂田
クリエイターとなって表現を配信する人が増えてゆくことで、YouTubeに限らず、このネットの世界を通じて、楽しい日常が広がっていけばいいなと思います。
にゃんこ
YouTube動画をテレビでご紹介いただきました☆
このような不思議な世界観がお好きな方はYouTube『不思議の国PECO』にお立ち寄りください☆

Twitterでは舞台裏なんかも配信しています▶ツイッターのぺーじ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ショートカット,戻る