コマ撮りYouTuberになりたいならコレ知っておいてや~

投稿日:

坂田さん
今日は、僕が最近考えていることについて、ちと書いてみようと思います。

PECOとしてコマ撮りをYouTubeで始めて1年経過した。

チャンネル登録者も1万人を超えて、実践を始めたばかりの当初の僕に比べて、それなりに経験値は得られたように思う。

にゃんこ
ご存知ない方へ。こんなん↓です。

『どういう動画がYouTube上で見られやすいか』ということも以前よりわかってきた。

過去の自分の投稿した動画を振り返って、それって今では絶対しないよなあ、と思うようなことが増えたというのが、そういった成長の証だろう。

レゴラーメン

と同時に、次なる課題も見えてきた。

それは

・視聴者の興味を、作品から作者へといかにずらすか

という課題である。

現在、PECOの動画の中では、現在は顔と声を隠している。

顔と声を出さず、なおかつ自分のことを語らない動画というものは、基本的に人にファンがつきにくい。

さらに同じようなコマ撮りの動画を投稿するYouTuberがたくさん出てきたら、その人たちとの果てしなき競争が始まってしまう。

にゃんこ
まあ実際はそのジャンルが栄えてくれて共ににぎわうという相乗効果がありますので、競争ではないとも言えますがね。

同じようなコンセプト(ストップモーションで料理を作るというコンセプト)でYouTubeを始める人もここ1年で爆発的に増えてきた。

コマ撮り撮影の様子

もはや「こんな動画どっかで見たことあるわあ」という飽和がかなり進行しているし、今後ますます加速してゆくだろう。

なかには複数人で協力して作っている(と思われるほどの生産スピードを誇る)チャンネルもあって、動画の投稿スピードでも技術面でもマネすることすらできない。

似たようなコンテンツが怒涛のように乱立していくなかで、素人や弱者でも太刀打ちできるのが、作品に流れる思想や世界観。作者の人柄や、作品ができるまでのストーリーだろう。

それは作品の技術以上に、視聴者に選ばれるための条件になってくる。

最近よく最終的に作者にファンがつくためにはどうすればいいか

ということを考えるのは、そういった事情をふまえてのことだった。

作品から作者へと興味をずらす

コマ撮り撮影の様子2
極端に言えば、コマ撮りの動画じゃなくても、僕の発信する他のコンテンツも見てもらえる流れを作れるのが理想的である。

YouTubeの特性上、視聴者の多かった動画ネタと同じようなネタを投稿するとおすすめに表示されやすいということがある。

似たようなネタ合戦みたいなことがおこっているのは、そういう事情があってのことである。

まあそのようにして「誰かと競争するように活動したくない」と言うのであれば、最終的に作者にファンがつくのがベストだろう。

ただ、今のところ、最初は競争を頑張ったほうが、人に見つけてはもらいやすいかもしれない。(露出のさせ方がまだわかりやすいという意味で)

にゃんこ
もちろん、同じような動画すぎると、視聴者にとっても「真新しくない動画」になってしまって、最後まで見てもらえず、結果的にYouTube様にも評価されにくい、ということはありますよ。
コケ子
ちょっとひねる、というとこがミソかも。

今後間違いなくコマ撮りのプロあるいはプロレベルの方たちがどしどし参入してくるし、もうそれははじまっている。

技術面では遠く及ばない。

また、技術を極めることが作品が支持されるための絶対条件でもない。

今起こっているネタのマネ合戦みたいな状況も視聴者の「飽き」を加速させてゆく。

となれば、コマ撮りの技術を磨くことだけに邁進するのは本質ではない。

坂田さん
‥てなことを考えた結果!

とりあえず、今できることで重要なことは以下の3つだろう。

1:PECOの世界観を壊さない
 
2:作者に興味をずらす流れをつくる
 
3:視聴者が参加できる要素をつくる

特に2は大事だ。

せっかく作品を見てくれたのに、作者の僕の存在についてはなにも知らないままだった、というのはかなりもったいない。

僕のめざす理想形は、コマ撮りの専門家になることではない。

PECOでの活動は、つくること、表現することが好きな人のひとつの活動にすぎない。

絵や文章、コマ撮り以外の動画だって作りたい。

そういった活動も知ってもらうためにも、作者のことをPECOでも出していく必要があると思う。

具体的には制作過程の様子をコンテンツ化するのがいいだろう

作品をつくる際、同時にそれをつくる作者のストーリー(作品のメイキング編)を、動画あるいは文章にてコンテンツ化しておくことにしよう。

ためしにメイキング用に映像の素材は撮っておいたので、さっそく編集してみることにする。

にゃんこ
YouTubeで運営している『PECO』の動画が、テレビで紹介いただきました☆
このような不思議な世界観がお好きな方はYouTube『PECO』にお立ち寄りください☆

このチャンネルのYouTubeページはこちらです☆

Twitterでは舞台裏なんかも配信しています▶ツイッターのぺーじ

ありがとうございました☆

-YouTuberさん向けの記事, クリエイターさん向け記事, コマ撮りの話

Copyright© パビリアム , 2020 AllRights Reserved.