友人にYouTube動画のエンディングに使うBGMを依頼した結果…

更新日:

先日、友人(拓郎さん)にYouTube動画のエンディングに使うBGMを依頼したところ、

わずか数日でいくつかの候補を送ってもらえたので、ビックリしました。

YouTube動画BGM

拓郎さんは、大学時代からの旧友で、

僕に音楽と岡本太郎のイロハを教えてくれた後輩であり、恩師でもあります。
 

誕生日も一緒という星の下に巡りあった僕たちは、

インドネシアやタイなど、異国での旅をともにしたこともあり、

ここまで面白おかしく人生を共にしてきました。
 

今後誰かに、YouTube動画OPやEDなどの制作依頼をいただいた際には、

これからも拓郎さんにはBGMの制作などをお願いすることもあるでしょう。

その友人にBGMの感想を伝えるついでに、先日、

京都をドライブし、夏の終わりを桂川で涼んできました。
 

青々とそびえる山々のあいだから、

上流からの流れとともに吹いてくる風が肌に心地いいものでした。

 
京都にいる友人をもう一人さそって、

波長のあう仲間3人でゆっくりと時間を過ごしました。
 

僕は最近、外出する機会が少ないので、

大自然を感じたり、感性の合う友人と会う、という時間は、

普段の生活でつまってしまった感性のフィルターをお掃除してもらえる、

とっても貴重な時間です。

  

特に、人と会うことで「誰かに喜んでもらう喜び」に対する感性を育ててゆくことが、

本当に楽しく生きていくためには、必要なことだなあと、最近つくづく思います。
 

「世の中への興味の度合いが、人気につながる」

そのようなことを書道家の武田双雲さんが語られていましたが、

人と会い、人を好きになることが、すべての原動力だなと思います。

 
自分が喜ぶことをしたい、自分が気持ちよくなれることをしたい

確かにそのような想いは、自分の人生を付き進むうえでの原動力になります。

欲がないと、気力そのものがなくなってしまって

ぬけがらみたいになるという感覚を経験したことがあります。

ただ‥

自分にできるどんなことで、誰かの役にたてるだろうか?

‥こんなふうに自分と社会とをつなぐ外の世界からの視点がないと

それもまた空虚な日常であろうと僕は思うのです。

自分の好きなことを配信して、誰かとつながれる時代

ではあるのですが

 

この人のちからになりたい。
 

一緒になにかしたい。

 
そんな想いを抱かせてくれるほどの出会いがあれば

あまりいろんなことを考えなくてもやることは見えてくるように思われます。

そして、そのような想いを僕にくれた、

大切な友人との出会いに感謝したいです。

最後までごらんいただきまして、どうもありがとうございました☆

とほうもない時間をついやして、写真をつなげてありえない動きを見せるストップモーションアニメを作ってみたので、さいごに紹介させてください☆


もしもこの再生リストにある動画たちがお気に召しましたら、チャンネル登録して応援していただけますと、創作のつよいはげみになります☆

このチャンネルのYouTubeページはこちらです☆

Twitterで動画の更新情報を受け取りたい方はこちら▶PECOツイッターのぺーじ

おうえん、よろしくお願いいたします★

-YouTube

Copyright© さかたん工房 , 2019 AllRights Reserved.