はじめて訪問いただいた方へ ~ パビリアムと作者の考えていることについて

ここパビリアムでは

想いを込めて作品をつくるひと

表現をつづけるひと

日常をたのしさで彩りたいひとを

応援しています。

坂田さん
はじめまして☆

このサイト『パビリアム』とYouTubeチャンネル『PECO』を運営しております☆

坂田ともうします★

僕は、表現すること、つくることが好きです。

詩やエッセイや小説を書くこと。

絵や漫画を描くこと。

工作をすること。

旅した物語を動画にすること。

ストップモーションアニメをつくること。

 

そして、おなじように創作するハンドメイド作家さんや

クリエイターの方とお話をしている時間もまた

ここちよい湯船につかったときのような

陽だまりのような時間をかんじます。

僕自身が表現や創作を自由に楽しみながら

表現する方々とともに

応援しあうように関わっていく人生

それが僕のかかげる理想の生き方でした。

ここ、パビリアムでは

僕も

縁あって出会ったクリエイターの方も

ともに創作を楽しみ

ともに共栄できる

活動のありかたを実現していく場所です。

2019年1月、僕はYouTubeでPECOとして活動を開始し、そこでストップモーションアニメを公開しはじめました。

(写真を連続してつなぎあわせることで、実際にはありえない映像を表現するアニメーションのことです。)

ありがたいことに、まったくの無名だったにも関わらず、その年の夏にテレビ出演をさせていただきました。

そこでは、水のCMをクリエイターがつくるとどうなるか?

というテーマで、ストップモーションアニメをつくらせてもらいました。

そしてそのBGMとして、僕は友人に作曲を依頼しました。

その友人は昔からすばらしい曲をたくさんつくっていました。

ただ、ちゃんとお仕事として作曲の依頼をもらったことは

それまでなかったそうです。

 
いつかCMの曲を作ってみたい、という一つの夢をかかげていた彼に

僕は最初の依頼主として作曲をお願いしました。

やがて、友人と一緒にお祝いごはんをたべながら

そのテレビ放送を見ることになりました。

坂田さん
その時に放送いただいた作品です。

それは僕にとって、クリエイターを応援した思い出の瞬間でした。

と同時に、僕自身もストップモーションアニメによる表現の挑戦を楽しんだ出来事となりました。

僕自身が表現の挑戦をしながら

その創作活動をとおして

クリエイターの方とともに楽しみ

ともに共演する。

 
そんな理想的な活動のありかたが実現できた最初の瞬間でした。

秋には、僕はデザインフェスタを訪れることになりました。

そこで出会った方のたいせつな作品たちと、12月、PECOの動画のなかで共演させていただきました。

パビリアムは

ドリーム(夢)

リアル(現実)

パビリオン(展示場)

という3つの言葉をまぜてつくられています。

ここは

想いをかたちにする創作がたくさん見ることができる場所

であり

夢を現実していく物語がたくさんうまれてゆく場所

にしたい。

そんな願いをこめて命名しました。

創造物をこの世界にうみだすということは

自分という楽器をつかって

自分の歌を歌うことだとおもいます。

それはつまり

じぶんをのびのびと表現する遊びの時間そのものであり

うそいつわりのない自分の人生をいきている瞬間だとおもうのです。

坂田さん
これは僕がこのサイトをたちあげるさいにかかげた言葉です。


にゃんこ
この理念が生まれるにいたった坂田さんの物語はこちらにて漫画でご紹介しています☆

なんだか立派なことをかかげているように見えるかもしれませんが

基本的には

じぶんがしあわせになる

じぶんでじぶんをしあわせにしてあげる

それを徹底させることを最優先にしています。

坂田さん
僕の場合は自由な表現手段で(文章や漫画や映像作品などなどで)なにかをつくり、表現しつづけるということです☆

そうすれば、この世でしあわせなひとがひとりふえることになります。

その温度はみじかなところから自然とつたわっていくと思いますし

それでいいのだと思っています。

これからも、ここパビリアムやPECOで、自分のうたをうたいながら

ご縁のあったクリエイターさんを紹介させていただいたり

クリエイターさんにとって

お役にたてそうなことを発信したりしていきたいと思います。

2020年も出会いのたくさんある、すてきな一年にしていきたいです☆

更新日:

Copyright© パビリアム , 2020 AllRights Reserved.